2007年09月30日

下部温泉郷




下部温泉郷は永禄4年(1561年)に、4度目を数えた川中島の合戦で上杉謙信勢の奇襲を受け、肩に刀傷を負った武田信玄が傷をいやすために訪れたと言われている温泉です。

「あまりにも傷の回復が早かったため、上杉謙信も驚いた」という、すぐれた薬効のを物語る逸話も残されています。

山梨県内には「信玄の隠し湯」と称される温泉が多数ありますが、信玄肉筆の温泉免許状が残っているのは、この下部温泉のみです。日帰り入浴できる施設も多数あり、温泉療法医が推薦する「名湯百選」にも選ばれています。

JR利用
・大阪…静岡…下部温泉駅
《静岡駅より直通列車『ふじかわ』号有り。静岡駅より1時間10分》
・新宿…甲府…下部温泉駅 《新宿より2時間15分(最短)》

自動車御利用の場合
東名高速道路利用
・大阪―清水I.C―身延―下部温泉 《清水インターより1時間30分》
・東京―御殿場I.C―河口湖―本栖湖―下部温泉 《河口湖より1時間10分》《本栖湖より30分》

中央自動車道路利用
・新宿―河口湖I.C―本栖湖―下部温泉 《新宿より2時間30分》
・新宿―甲府南I.C―鰍沢―下部温泉 《新宿より2時間30分》
・長野―諏訪湖―甲府昭和I.C―鰍沢―下部温泉 《甲府昭和I.Cより40分》


posted by skyline | 南部周辺

甲斐大金村・湯之奥金山博物館

kinzan.jpg甲斐大金村・湯之奥金山博物館は、甲州金山の歴史を紹介する博物館です。戦国時代最強の強さを誇った武田信玄を支えていたのが「甲州金」と言われています。

多数ある甲州金山の中でも「湯之奥金山」は産出量が多かったことで「信玄の隠し金山」として言われてきました。「湯之奥金山」は、中山・内山・茅小屋の3金山からなり、その名の通り下部温泉の奥に位置しています。

・問い合わせ先 湯之奥金山博物館 (ユノオクキンザンハクブツカン)
・電話番号:0556-36-0015
・ファックス:0556-36-0003
・営業日 営業時間:5月〜9月 9:00〜18:00(受付は17:30迄)
            10月〜4月 9:00〜17:00(受付は16:30迄)
・休業日:水曜日(祝日の場合はその翌日) 12月28日〜翌年1月1日
・料金 展示観覧:大人500円 中学生400円 小学生300円 幼児無料
※砂金採り体験は別途料金がかかります。
・URL http://www.town.minobu.lg.jp/local_minobu/kinzan/index.html
・交通アクセス
中央道甲府南I.C.から50分
JR身延線下部温泉駅から徒歩10分


posted by skyline | 南部周辺

身延山久遠寺

kuonji.jpg身延山久遠寺(みのぶさんくおんじ)は、鎌倉時代に佐渡流罪を逃れた「日蓮」が身延山に草庵を構えたのが起源と言われています。

今では「日蓮宗総本山」として全国よりたくさんの参拝者が訪れています。山門は「関東の三大門」に数えられるほど立派な門で、山門をくぐると杉並木があり、更に約300段くらいの急な石階段が迎えてくれます。石階段を上ると本堂・草庵跡・御廟などを見学できます。

本堂に入ると天上には墨と金箔で描かれた大きな龍の絵が描かれています。この絵は日本画壇の重鎮「加山又造」によるもので「黒龍」と言われています。

また、地下には宝物館が備えられています。境内にある樹齢300年を超える2本の「しだれ桜」も有名で、満開の時期にはたくさんの花見客でにぎわいます。

・〒409-2593 山梨県南巨摩郡身延町身延3567
・TEL:0556-62-1011  
・ホームページ http://www.kuonji.jp/
posted by skyline | 南部周辺

富士川クラフトパーク

craftpark.jpg富士川クラフトパークは、富士川地域の地場産業を紹介して、地域振興と活性化を促進する拠点として整備された「都市公園」です。

約1100年を超えるながい伝統をもった「和紙」、独特の手加工により昔から高い評価を受けてきた「雨畑硯(すずり)」、約400年前の武田流軍用煙火として発展した「市川花火」をはじめ、印材、ニット、木工品などがあります。これら地域の特産が実際体験できます。

・所在地:山梨県南巨摩郡身延町下山1597
・交通:甲府昭和I.Cより国道52号線南下約1時間、上沢交差点右折
・お問い合わせ:富士川クラフトパーク管理事務所(TEL)05566-2-5545
・駐車場:大型18台、乗用車445台


posted by skyline | 南部周辺
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。